Feb 23, 2019

大田区議会議員の給料を公開します

皆様、こんばんは。おぎの稔です。前回の2015年の大田区議会議員選挙の時に皆様にお約束させていただいたことの一つに、議員政治家の情報公開があります。今回は2018年の大田区議会議員の給料、ボーナスを公開します。

●給料(議員歳費)

※(条例上の議員の支給額は61万5800円)議長、委員長などによる役職。また、家族構成他により税額も変わるため、手取り額はみな違います。

2018年

1月¥480,490

2月 ¥480,490              

3月¥480,490

4月¥480,490

5月¥500,490

6月¥470,490

7月¥470,590

8月¥470,590

9月¥470,590

10月¥470,590

11月¥470,590

12月¥669,417

 

 上記が差し引き支給額です。12月が多いのは年末調整の結果です。ここからさらに国民年金(約1万6千円)、国民健康保険料(約8万円)などが引かれるため、実際の手取りは約40万円前後です。サラリーマンの年収というより政治家は個人事業主、零細企業の年商に近いためこの中から、生活費だけでなく政務活動費も合わせての様々な活動費などをねん出していくことになります。一般的には高給取りに見えること、実際に税金から多額のお金をいただいていることは承知しております。

 ですが、私自身の体感ではありますが、決して楽といいますか裕福だとは感じませんでした。例えば事務所費なども政務活動費から充当させていただいておりますが、家賃のうち半分が政務活動費使用、半分が自腹(自己負担)といった按分。特殊な支出方法でまかなっていたりと政務活動費のみで全てをまかなえるわけではありません。

 下記、ボーナスも貰えることでなんとかというところでした。私自身、自戒も含めてですがボーナス頼みの生活をしてしまったことが大きく反省するべきところだったと思っております。

 

●ボーナス(期末手当)

・3月¥291,525

・6月¥1,115,081

・12月¥1,457,623

上記は差し引き支給額です。計算式は条例にも記載があります。

 

もうすぐ、統一地方選挙もあります。議員とは何かということを待遇も込みで、皆様と話し合うことができればと思っており、その一助になれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

関連記事

Comment





Comment