Feb 23, 2019

書籍発売!暮らしの中で「使える」政治

 

暮らしの中で「使える」政治: 香港の路上はすべての街につながっている

 

「香港の雨傘運動から展開していった”若者たちの異議申し立て”は、民主主義のお手本そのもの!
その姿に触発されて香港へと飛んだ
多摩市議会議員(2期目)の遠藤ちひろ。
ポスト雨傘の香港市民たちや運動の女神と言われたアグネスらを取材。
そこで見えてきた、香港デモクラシーと日本デモクラシーの共通点と違い。
暮らしの中の政治を「使える」ものにするための秘策はあるのか!?

 

プロローグ 
自由なはずの地方自治こそいちばん窮屈・議員七年目の葛藤

第1章 2017年、香港へ向かった理由
第2章 いきなり国会前デモに出くわす
第3章 香港政府の逆襲
第4章 香港の自由の女神、立ち上がる
第5章 香港人のデモクラシーと日本人のデモクラシー
第6章 妥協しない強さと、折り合いが生む改革
第7章 ホンコニーズ・デモクラシーと現代日本メディア
第8章 暮らしを改善する第一歩、議員の活用法
第9章 一緒に「当事者」になってみませんか
地方議員ミニ座談会 自分の権利は権利として主張した方がいい
 
エピローグ 通り過ぎるだけの観光客ではなく

前書きなど

 

著者:遠藤ちひろ(多摩市議会議員)

発行:游学社 
四六判
186ページ
ISBN 978-4-904827-57-4 
 
並製
価格 1,400円+税
発売日:2019年3月11日
 
☆企画協力

南雲由子(板橋区議会議員) 野田宏規(流山市議会議員)
岡村ゆり子(川口市議会議員) おぎの稔(前・大田区議会議員)
杉山よしひろ(松戸市議会議員) 江村りさ(京都市議会議員)

 
お世話になります。荻野稔です。今回、企画に協力をさせていただいた本が遊学社様から発売されますので、ご報告させていただきます。「暮らしの中で使える政治」遠藤市議の香港のデモクラシー取材を中心に、7名の地方議員による寄稿や、陳情書の出し方などを扱った本となっています。私は自身として携わった児童虐待問題について、原稿を書かせていただきました。もし、よろしければお手に取ってみてください。
 
 

①是非、大田区内の書店、またご地元の書店でご予約・お買い求めください。書店にない場合、注文も可能です。

書店で本が在庫切れ 「注文お願いします」の一言が持つ影響力が大きかった

※今回の書籍はマンガではありませんが、ご参考に

 

https://www.hanmoto.com/yugakushaf-20

 

●大田区書店一覧(参考)
 
※お取り扱いのない書店もございます。詳しくはご確認ください。

・アマゾンでも予約が始まっています。

amazon

 

②地元の区立図書館にリクエストも可能です。

※発売以降、図書館にない場合など

 

 

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

Comment





Comment