Feb 10, 2020

キャラクターがヒトラーと同じ誕生日?いくら何でも難癖では?

 こんばんは。大田区議会議員のおぎの稔です。私は表現の自由、特に言論や創作物の中での自由について「守られるべきだ」とずっと主張をしており、昨今、起きている様々な形での表現行為への制約や批判についても反論や抗議を続けてきました。

 さて、先日集英社の発行する週刊少年ジャンプに連載中の「僕のヒーローアカデミア」に登場したキャラクターが、第二次世界大戦中の旧日本軍の人体実験を連想させると批判を受け、集英社や作者が謝罪、キャラクター名を変更するという事態が起きてしまったのはご存知でしょうか?

 

集英社『僕のヒーローアカデミア』キャラ名について謝罪「十全な検討を行うべきでした」

 

【お知らせ】週刊少年ジャンプ10号(2月3日発売)『僕のヒーローアカデミア』について

 

 

 作者はあくまで偶然、名前に丸太とついてしまったと釈明しており、私としては修正までする必要があるのか疑問でした。ナチスドイツやヒトラーを始め歴史上悪逆とされる行為を行った人物や集団を、違う視点から描いたり敵役として登場させることは珍しい事ではありません。作品全体を通して、旧日本軍の行為を称賛しているのであれば、抗議を受けるのもまた責務かと思いますが、流石にこのタイミングでの修正は時期尚早と思っていました。

 しかし本日半ば難癖、こじつけのような内容の批判がされている事が明らかになりました。

 

ヒロアカにまたも批判?キャラの誕生日が「ヒトラーと同じ」と指摘

 

集英社謝罪後も騒動は収まらず、SNSなどでメインキャラの一人、爆豪勝己の誕生日である4月20日が、アドルフ・ヒトラーの誕生日だと同じといった指摘や、敵連合のリーダー・死柄木弔の誕生日4月4日が、山本五十六の誕生日と同じという指摘が噴出。また、主人公の緑谷出久の誕生日7月15日についても、日本共産党の成立日と同じだと指摘する声もあった。

 

 これはいくらなんでも、筋の悪い批判です。誕生日などは誰かしら、一緒になるでしょうしこのキャラクターは政治家ですらありません。全ての人が気持ちよく見れる創作物、誰も不快にしない表現だけが流れる社会は本当に健全でしょうか?創作物の中での表現、解釈などについては直接誰かの個人の権利を侵害しない限り自由であるべきです。

 シャルリーエブドの襲撃事件に際し、当時のイギリス首相キャメロン氏は「自由社会には信教をめぐって(他者の)感情を害する権利は存在する」とも述べています。

 英首相、ローマ法王に反論 仏ムハンマド風刺画掲載問題で

 

言論・表現の自由は人類が長い時間と多大な犠牲を払い、多くの血を流して勝ち得た権利です。テレビやメディア、出版といった表現行為に携わる方々はその重みを忘れてはならないと思います。皆様は如何お考えでしょうか?

 

●関連ブログ

 

香川県のネット・ゲーム依存症対策条例素案への意見表明

山田太郎参議院議員、53万票獲得。ご支援ありがとうございました。

イベントへの妨害、脅迫行為と表現の自由について

女装禁止!?大田区産業プラザPiOでのコスプレについて

袋詰め必須?大田区産業プラザPiOの運用について

びっくりしないし通行OK。大田区産業プラザPiO利用規則変更!

おぎの稔は大田区から、表現の自由を守ります。

 

大田区議会議員 おぎの稔 公式サイト➡http://ogino.link

 

【議会での活動実績 形になった事】

皆様から頂いた声が形になりました。

【おぎの稔 政策漫画】

議会活動や政策をマンガにしています。30話以上、掲載していますので是非、ご覧ください。

 

コミックマーケット97新刊 情報】

議員活動や二次創作の同人誌を出しています

LINEで送る
Pocket

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA