Mar 13, 2019

政策マンガ 24弾 英会話編

おぎの稔政策マンガ第24弾は、英会話編です。作画は漫画家の吉沢緑時先生に行っていただきました。

吉沢先生のHPはこちらhttps://ryokuji.hatenablog.com/entry/2016/10/23/221132

 

マンガにもありますが、日本人の英語能力は世界と平均して決して高くありません。大田区も子供の頃からの英語教育に力を入れています。商店街などには通訳派遣や、研修なども行っており、観光情報センターのような施設を活用し羽田空港を抱える大田区としてその立地、機能も活かそうとしています。

 一方で、「じっくりと腰を据えて学ぶ」「どうしても必要に迫られれている」という事でもなければ、なかなか時間を作れないのも人間だと思います。

 

 

 

 実際に、私も視察で海外に行き驚いたことでもあるのですが、海外ではお店の店員さんが迷わずスマホを客にかざし、コミュニケーションをとっていました。日本では失礼に見えるかもしれませんが、確かにある程度意思の疎通ができない場合は、こちらの方が手っ取り早い部分もあるのではないかとも思いました。料理の注文、中身の説明などを聞くのに役立ちました。

 今後、技術の改良などで翻訳ソフトもより使いやすく、また精度があがるようになる時もくるかもしれません。しっかりとした教育、語学取得と共に、技術・ツール活用による意思の疎通も並行して導入していく。これであれば大きなコストを掛けずとも地域・商店街でも英会話が可能です。皆様、如何お考えでしょうか?

関連ブログ:

30年後、ご近所さんは外国人?国際都市大田の未来予想図

政策マンガ第13弾「羽田空港新飛行ルート編」

〇海外視察についてはこちら

台湾加油(がんばれ)!被災地を視察してきました。

 

〇税金・公費で行う海外視察には反対しています

【大田区議会】海外視察についての反対討論

大田区議会の海外視察はもっとルールを明確に!

 

過去の政策マンガはこちら

政治家マンガはこちら

同人誌はこちら

区政レポートはこちら

動画や情報公開、などのコンテンツはこちら

LINEで送る
Pocket

関連記事

Comment





Comment