Feb 20, 2017

政策マンガ第13弾「羽田空港新飛行ルート編」

大田区議会議員 おぎの稔政策マンガ 第13弾

「羽田空港新飛行ルート問題とは」

 

今回のマンガは、昨年の一般質問で触れた羽田空港の新飛行ルート問題についてです。

実際のところ、何が起こるか、懸念や不安がどこまで本当なのか?

まだまだ判らない状態ですので、しっかりと区の説明や途中経過を見ながら、区議会議員としても動きを注視していきたいと思います。

 

説明・解説は前回のブログをご確認ください。

 

前回のブログ

羽田空港、都心上空を飛ぶ新飛行ルートについて

 

今回の新ルートについては、もともと、増加する羽田空港の需要増があります。

横ばい、微増が予想される国内線に比べても遥かに高い割合で増加の予測で、国内線も国際線乗り入れに活用しようという計画が出ているくらいです。

出典;国土交通省 首都圏空港の航空需要予測

 

国際線の需要増の対策には、滑走路、飛行ルートの問題以外にも言語、税関、衛生、観光様々な点が考えられます。

ちょうど、羽田空港国際線ターミナルには日本橋もありますが、羽田空港、国際都市の魅力をもっと引き立てていけるような方策も考えていきたいです。

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

Comment





Comment