Dec 24, 2017

オリンピック・パラリンピックと会場問題。大田区への影響について

メリークリスマス!

こんばんは。おぎの稔です。

クリスマス、皆様いかがお過ごしでしょうか?私は事務所で一人クリスマスを満喫しています。

 さて、国内最大の展示場である東京ビッグサイトがオリンピック・パッリンピックに伴い利用が出来なくなる「ビッグサイト会場問題」について何度か取り上げてきました。

 オリンピック・パラリンピック開催に伴う影響は、ビッグサイトだけではなく大田区を含む、他の都内の自治体にも影響の及ぶ話です。

 メディアセンター(ビッグサイト)や競技会場などは流石に既に計画が出され、会場も確保されていますがこれからオリンピック・パラリンピック開催に向けて、様々な形で機運醸成や中継、応援、また警備や控え施設などの形で自治体の持つ施設などに協力要請が来ることは容易に想像がつきます。

 また、施設のようなハコモノだけでなく区内の企業や団体、区職員の皆様にも協力要請が来ることも考えられます。

 大田区議会の本会議、一般質問でその課題を取り上げるとともに、大田区はどのような認識を持っているのかを質問しました。

 

 五輪という一大祭典に区民が参加できることはとても素晴らしい事で、子どもたちにとっても一生の宝物になるでしょう。

 国全体、東京都全体で盛り上げていこうという事に水を差したいわけではありませんが、経常的な利用者や経済・文化・スポーツ活動、また区民生活などとの兼ね合いをどう考えていくのかも、自治体として考えていかなければならないと思っています。

 大田区からも「急な利用の打診があった場合には、その申し出の必要性や既存の利用者への影響、区民にとって有効、効果的なものかを検討した上で総合的に判断してまいります。」という回答と共に「このような区民に影響のある事項については、特別区のオリンピック・パラリンピック担当部長会などの場を通じて東京都及び大会組織委員会にできるだけ早い時期での情報提供を求めてまいります。」と回答がありました。

 

オリンピック・パラリンピックが、区民の皆様が心から楽しめる祭典になるよう、今後も声を上げていきます。

 

●関連ブログ

 

DOUJIN JAPAN2020?ビッグサイト会場問題

大田区議会平成29年第4回定例会一般質問

ビッグサイト会場問題についての勉強会を開催します。

 

【質疑】

東京2020オリンピック・パラリンピック大会に向けて各地で準備が進んでいますが、一方で、様々な懸念も指摘されています。
一例を挙げますと、ビッグサイト問題、オリンピック会場問題と言われる問題があります。これは、東京ビッグサイトという首都圏最大の展示会場が、オリンピックの期間とその前後に使用できなくなることから生じる問題であり、都は近隣に仮設会場を建てる計画をしていますが、こちらもオリンピック期間中の使用はできず、東京都開催であるのに、民間における展示、産業、交流における会場を失う、本末転倒となる事態を呼びかねない問題です。試算によれば1兆円規模の経済損失も起こり得ると言われており、「オリンピック倒産か」と中小零細企業から悲鳴も上がっております。ビッグサイトの代替施設については、羽田空港にも隣接した、空の日イベントなどで大田区も使用している、これは国有地ですけれども、空港跡地ゾーンに仮設施設をつくることになれば、アクセスもよく、大田区のにぎわい、PRにもつながっていくのではないかと考えます。

首都圏最大の展示場が使えなくなる問題は大田区にも波及するおそれがありますが、それだけではなく、都内施設、区内施設がオリンピック・パラリンピックによって使用できなくなる懸念もあり、大会の競技会場やビッグサイトのメディアセンターのように既に使用が決まっている施設のほか、今後新たに区内施設に対して協力を求められる可能性もあるのではないでしょうか。大田区産業プラザPiOや文化、スポーツなどの多くの区内利用施設を東京2020オリンピック・パラリンピック大会の開催に伴い、都や組織委員会が利用することで区民利用
が妨げられることも考えられます。区としてどのように対応をしていくのでしょうか。

これは、施設を持つ都内自治体の共通の懸念であり、東京2020大会において、産業、文化、スポーツ、区民利用施設について、区民や経常的な利用者の利用についてどうしていくのか区は考えなければなりません。また、施設だけではなく、区職員や区内団体、地域、学校などへの何らかの協力、負担をオリンピック・パラリンピックに伴いお願いすることも考えられます。オリンピック・パラリンピックが大田区にとって与える影響は、区、区民、地域全体にとっても重要な課題であると考えます。見解を伺います。

 

 

【答弁・スポーツ・文化担当部長】

 

私からは、オリンピック・パラリンピックに関する2問のご質問にお答えをいたします。
まず、大会開催に伴う施設利用に関するご質問ですが、東京都及び大会組織委員会は、大会実施や機運醸成に向けて、使用する施設については早い段階から確保を図っております。それでも急な利用の打診があった場合には、その申し出の必要性や既存の利用者への影響、区民にとって有効、効果的なものかを検討した上で総合的に判断してまいります。また、このような区民に影響のある事項については、特別区のオリンピック・パラリンピック担当部長会などの場を通じて東京都及び大会組織委員会にできるだけ早い時期での情報提供を求めてまいります。
次に、大会開催に伴う区民等への影響に関するご質問ですが、今後、大会準備が具体化していく中、ボランティアや聖火リレーなど区民の参加する機会は増えていくことが想定されます。区民が世界最高峰のスポーツイベントであるオリンピック・パラリンピックにかかわることは、参加への喜びや感動を得る貴重な経験となることから、区としても絶好の機会と捉え、広く区民に参加を促してまいりたいと考えております
今後も都や組織委員会が実施するイベント等の情報をできる限り速やかに入手し、区民の参加を促すため、積極的な広報・啓発に努めてまいります。以上でございます。 

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

Comment





Comment