Jan 4, 2018

おぎの白饅頭トークイベント5@わかり手氏、一柳良悟氏

 

 

 昨年5月からライターのテラケイ氏と開催してきたSNS発のインターネット上で特に話題になるポリティカルコネクトレス(政治的正しさ)等の社会問題、特に表立って声を上げづらいテーマについて扱って来た「おぎの白饅頭トークイベント」は今年から、新たに日本政策学校様の共催を頂きパワーアップして開催されます。

今年初となる第5回は2月17日の開催です。

 SNSを起点したこうした場が、どのような動きに繋がっていくのか私自身もとても楽しみです。党派、政党、議会の枠を超えて様々なテーマを楽しみながら学んでいきたいと思っておりますので、関心のある方は、是非ご参加ください。

 

 

 

おぎの白饅頭トークイベントvol.5 
『メンタルヘルス・ドロップアウト・サバイバル;メンヘラからキモカネまで』

日時 :2018年2月17日(土)13:30~16:30 開場13:10
ゲスト:わかり手(編集者・webライター)
    一柳良悟(社会教育事業従事者)
ナビゲーター:テラケイ(ラジオパーソナリティー,ライター)おぎの稔(大田区議会議員)
会費:2500円(飲み物・軽食付き)
途中入退出自由
会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
   (東京都新宿区谷八幡町8)

※会場変更の際は、こちらに記載いたしますのでご確認下さい。

●JR総武線 市ケ谷駅 徒歩2分 
●東京メトロ南北線 市ケ谷駅 7番出口 徒歩1分 
●東京メトロ有楽町線 市ケ谷駅 7番出口 徒歩1分 
●都営新宿線 市ケ谷駅 4番出口 徒歩2分

共催:日本政策学校
主催:株式会社おぎのと政治

●お申込み 

https://peatix.com/event/333423/

●会場 ご案内

https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-ichigaya/access/

●日本政策学校様(共催)のHP 第12期受講生募集中

http://j-policy.org/

 

●過去のトークイベントはこちら

おぎのと政治 HP

 

みなさんは、ドロップアウトと聞いてどのようなことを想像するでしょうか。レールから外れる、競争から降りる、会社を辞める、学校を中退する——イメージされることには枚挙にいとまがありません。
 
 忘れてはならないことは、いずれの形でドロップアウトしても、人生は続いていくということです。ドロップアウトした人がこの世界から消えて無くなるわけではありません。
 しかしながら、私たちの社会は、そうした人たちの存在について、これまであまりにも無頓着だったのではないでしょうか。たとえば、うつ病などのメンタルの病気でこれまでの生活やキャリアが維持できなくなることは、もはや珍しいことではなくなりました。しかし私たちは、うつ病でドロップアウトした人たちの、その後の世界を十分に知っているとはいいがたいのではないでしょうか。
 
 私たちは、いつドロップアウトするとしれない不確実な時代に生きています。「ドロップアウト後の世界」が紙一重で融け合う現代社会で「降りた先」の生き方について一緒に考えてみませんか。ゲストに『メンヘラ.jp』主催の編集者である「わかり手」さんと、社会教育や若者支援に従事されるネット論客の「一柳良悟」さんをお招きし、お二方の携わってきた活動の経験談をまじえながらお話する、濃密な3時間となります。
 
 どなたでも参加OK! 出演者も参加者もざっくばらんに話し合うような雰囲気の楽しいイベントにしようと思っています。
 
会費は2500円です。
今回からは日本政策学校様の協力を得たことで勢いづきましたので、飲み物とお菓子・軽食(サンドイッチ)のケータリングサービス付です!!!
(差し入れも歓迎)
 
途中参加も途中抜けも自由です。
 
ぜひお気軽に遊びに来てもらえればと思います。
 
事前予約制です。参加ご希望の方はお早めにご予約をおすすめします。
(前回あっという間に満席になってしまったので、今回は広めの会場を押さえました。
席数には余裕を持たせましたが、なるべくお早めにどうぞ!)
会場は飲食自由です(ゴミはお持ち帰りください)
イベント中の撮影や録音はご遠慮ください。また、おぎの議員がブログや政治活動用に
写真撮影をする場合がありますが、顔出しNGの方がいらっしゃればお申し付けください。
映らないようにする or プライバシー加工等を行います。

 

—–

 

 

 

●前回のブログ

SNS発のトークイベント、共催を得て来年も走り抜きます!

過去のトークイベント情報、他公式案内ページはこちら

http://ogino-s.tokyo/

LINEで送る
Pocket

関連記事

Comment





Comment