Sep 22, 2016

政務活動費領収書 平成28年度第一四半期分公開しました!

選挙の時にもお約束させて頂きました「政務活動費の領収証、インターネット上での全面公開」。

チェックを終えたうえで、領収書を公開させて頂きます。

平成27年度に続き、平成28年度第一四半期(4~6月分)の領収書を公開いたします。

 

集計表

4月

28%e4%bc%9a%e8%a8%88%e5%b8%b3%e7%b0%bf%ef%bc%88%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9b%e5%8d%8a%e6%9c%9f%ef%bc%89%e8%8d%bb%e9%87%8e%e5%80%8b%e4%ba%ba%e7%94%a8%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

5月

28%e4%bc%9a%e8%a8%88%e5%b8%b3%e7%b0%bf%ef%bc%88%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9b%e5%8d%8a%e6%9c%9f%ef%bc%89%e8%8d%bb%e9%87%8e%e5%80%8b%e4%ba%ba%e7%94%a8%e3%80%805%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94

 

6月(第一四半期計含む)

 

 

28%e4%bc%9a%e8%a8%88%e5%b8%b3%e7%b0%bf%ef%bc%88%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9b%e5%8d%8a%e6%9c%9f%ef%bc%89%e8%8d%bb%e9%87%8e%e5%80%8b%e4%ba%ba%e7%94%a8%e3%80%806%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94


●4月

① 事務所賃料4月分 (0.5按分)

img_20160922_0000

 

②区政報告会 会場代
img_20160921_0002

③全国若手市議会議員の会 研修費
img_20160921_0003

 

 

④全国若手市議会議員の会研修のための交通費

東京ー郡山間

img_20160921_0004

⑤全国若手市議会議員の会 研修のための交通費

郡山ー東京間

img_20160921_0005

img_20160921_0006
img_20160921_0007

 

⑥新聞代(公明新聞4月分)

img_20160921_0008

 

⑦新聞代(しんぶん赤旗)

img_20160921_0009

●5月

⑧事務所賃料 5月分 (0.5按分)

img_20160921_0010

 

⑨事務所電気代 4月分 (0.5按分)

 

img_20160921_0011

 

➉事務所通信費 4月分 (0.5按分)

img_20160921_0012

 

⑪新聞代(公明新聞5月分)

img_20160921_0013

 

⑫新聞代(しんぶん赤旗5月分)

img_20160921_0014

●6月

⑬事務所賃料 6月分(0.5按分)

img_20160921_0015

⑭区議会通信・アンケートはがき郵送代

区議会通信2016 vol.2

img_20160921_0016

 

⑮区議会通信 新聞折込代 69900枚

区議会通信2016.vol.2

 

img_20160921_0017

 

⑯事務所通信費5月分 (0.5按分)

img_20160921_0018

⑰事務所電気代 5月分 (0.5按分)

img_20160921_0019

 

⑱区議会通信・アンケート配布代

img_20160921_0020

 

⑲ 新聞代(公明新聞6月分)

img_20160921_0021

⑳新聞代(しんぶん赤旗6月分)

img_20160921_0022

 

 

※0.5按分=総額の半分を政務活動費から支出したという事になります。

按分された場合、残り半分は政務活動費以外から出さねばなりませんので、議員報酬から支出しています。

実は、活動をすればするほど、政務活動費以外からも補てんしなければならない事業も多くあります。

個人情報に配慮し、社判、判、個人、担当者名等一部黒塗りにしています。

 

 

大田区議会議員には一人月23万円の政務活動費が支給され、月額23万円を四半期(3か月)毎、69万円を支給され、年間では、276万円議員一人当たりに支給。

3か月ごとに会計帳簿を議会事務局に提出し、チェックも受けてもらいます。

 

dsc_0007

 

最近、残念なことに再び政務活動費を巡る騒動が起きてしまいました。

その事で、議会、政治家の信頼を失墜させてしまうような事が起きてしまっている事、本当に申し訳なく思います。

そんな状態だからこそ、これまでも、これからも変わらずに情報公開を進めていきます。

Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

関連記事

Comment





Comment