Nov 25, 2015

他区の事例ですが、政務活動費の議員報酬上乗せには疑問があります。

政活費減額、議員報酬に上乗せ検討 東京・千代田区議

—————————————

不適正な支出が相次いだ地方議員の政務活動費(政活費)をめぐり、東京都千代田区が区議の政活費を減額し、同額を議員報酬に上乗せする案を検討していることがわかった。これまで議員の政策立案などの経費として支給してきた公費を使途が問われない「給与」に加算するのは極めて異例だ。

区議の報酬額などを検討する区の審議会が12日、この案を了承した。現在は議員1人あたり月額15万円の政活費を5万円に減らし、差額の10万円を議員報酬に上乗せする。審議会の答申を受けた区長が区議会に条例改正案を提案し、早ければ来年度から実施する。

 

朝日新聞 11月13日金曜日

 

————————————————-

政務活動費にも批判は多くあります、使途についての議論、増減への議論、あって良いと思います。

 

ただ、私はこの動きについては、他区の事ではありますが個人的にはよくないと思います。

使途について縛りがある政務活動費を、個人の給与である報酬に上乗せ・・・というのは、自由に使えるお金を増やそうとしている・・・とみられても仕方ないかもしれません。

 

動き、気になります。

 

ちなみに、私は選挙の際にお訴えした通り、政務活動費の領収書はすべて公開しています。

こちらをご覧ください。

ブログ→

LINEで送る
Pocket

関連記事

Comment





Comment