Sep 13, 2015

「碧志摩メグ」問題について

碧志摩メグ
http://ama-megu.com/

三重県志摩市公認キャラクター「碧志摩メグ」を巡る議論について

連続ツイートしたものをまとめました。

私自身、行政の公認キャラクターとして、今回の市の対応に疑問点を感じないわけではありません。しかし、公認撤回を求める署名の文章には、
そのまま看過できない、ある種差別的に移る表現が記載されていました。

三重県志摩市公認萌えキャラクター「碧志摩メグ」の公認撤回を求める署名運動

そちらについて、私の考えを記しておきます。

「碧志摩メグ」反対署名運動が反発を受けたのは、行政が当事者間の合意や理解も怪しい中で女性の性的部分の強調、彼氏募集のようなセクハラに当たるような表現を押し出したキャラクターを公認した事への反対を述べた事ではなく、そこからこの件以外の日本社会や性犯罪の問題に、今までの議論を無視して、萌えキャラ・表現を乱暴に結び付けた事では?ないかと思います。

萌えキャラ・表現を女性蔑視やまるで性犯罪と同じ物だとでもいわんばかりの書き方がされています。

 

非実在青少年問題や他の表現規制問題の数年来の議論を踏まえていれば、こうした書き方が如何なる反発を招くかは理解出来た筈です。

この文章を書いた方々がそれを意識していたか、否かはわかりませんが、行政のキャラクターの公認への問題提起と同時に

「あなた達が好き好んでいる表現は性犯罪いよって生み出されたモノと同じモノであり、それを楽しんでいるあなた方は性犯罪者である」という差別的に映るイメージを発信してしまったのではないでしょうか?

そう受け取って読んでしまえば、差別にしか映らない、ある種のヘイトスピーチに見えるでしょう。

そして、「あなた達が好きな表現は性犯罪と同じ物である」 これは表現規制反対に携わる物が、相手側から何年にも渡って受けて来た差別であり侮蔑なのです。

長年に渡り受けて来たヘイトを目の前で繰り返されて、穏やかな気分ではなかった方も多いと思います。

この反対運動を進めている方にその意図があるかどうか、仮に文章だけ並べられても判断は出来ません。 違うのであれば、対話、話し合う事も必要だと思います。
生きづらさを抱えているのは、女性だけでも男性だけでも、オタクだけでもありません。

様々な方が、様々な事情で生きづらさを抱えています。

自分たちが苦しいからと言ってそれを誰かに一方的にぶつける事はやはりおかしいと思います。

——————————-

こうした署名もあります。

三重県志摩市の萌えキャラの公認撤回を求めた署名は、表現手法に対する無理解と差別にもとづく偏見だと署名活動開始

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1508/29/news033.html

 

「碧志摩メグ論争」において、「萌えキャラ」文化や「オタク」への差別的言説の流布と偏見の助長がないように求めます

公的な場と表現における、議論に一石を投じる良い事例になるのではないかと思います。
当事者間で対話が出来るとよいのですが・・・

Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

関連記事

Comment





Comment